いづみヒルズ ご入居者様の声 「八王子の桃源郷」


こんにちは。
今週末は寒さもますます増してくるそうですが
気持ちが温かくなるお言葉を、ご入居者様からいただきました。
今回は、ご入居者様から勇気をいただいたお手紙をご紹介します。
(下記は昨年9月当時。ご本人の了解を得て、掲載させていただきます。原文に一部加筆しました)。


「八王子の桃源郷」

二年前にここに来たとき私は車椅子でした。
リハビリの先生に恵まれ、最初は部屋の中でも50歩がやっとだったのに
今週はかかとのあるサンダルはいて廊下往復10週できるまでになりました。
社長様は皆のゴッドマザーです。
お姑さんの介護をなさって
お年寄りの賃貸住宅をお建てになったのです。

お食事にも野菜や魚がたくさん出ます。
納豆や豆腐、海藻もでて健康的です。

入居者の方々はお若い頃ご苦労なさった方が多く、
両親を亡くしてから入れていただいた私には
良き先輩としていろいろアドバイスをいただいてます。

スタッフの方々もよく働かれて
入居者を支えて下さいます。
女性で医学の知識のおありになるY課長や
社長様が「この方は」とみこまれてメンテナンスから配膳までなさるIさん
他にも食事をつくって下さるTさんのお食事は和風でカロリーが少なく
体に良くて味付けもおいしい物ばかり。

食堂のガラスばりから見える色々な植物は
社長様のご主人の会長様のお手入れが良く
グリーンが多く季節の花も咲いて心が和みます。
テーブルは男性同士、女性同士で
お食事中に会話が進みます。

週に一度はパンの日。
その時によって牛乳だったりコンソメだったり毎週同じ物が出たことがありません。
ヨーグルトや果物がデザートにつくことも多く今日は「デラウェア」お初でした。

去年の血液検査では貧血でもなく糖尿でもなくコレステロールもなしでした。
もっとたくさんのお年寄りの方々がこの「桃源郷」のことをお知りになって席が満員になる日のことを楽しみにしています。

又デイ・サービスも充実しています。お顔を拝見しただけで元気が出る生活相談員のO様と二人の看護師さんが毎月の行事を考えてくださり、
メンバーの誕生会にはお料理上手なO様が
パンケーキ三段の間にホイップクリームを入れて上にチョコをのせてお作りくださいました。
又バナナケーキ時もあったし、ゼリーの中にキウイのはいった時もありました。

今日は9月12日、あと三日で友人が四回も練馬から来てくれます。
15日敬老の日にはデイ・サービスではお好み焼きを皆で作ります。
社長様からは、おととしは紅白のゼリー、
皆様から「敬老でもないけどいいわね」と
からかわれてしまいました。
去年は紅白のおまんじゅう。今年は何でしょうか 楽しみです。

もう一つの楽しみは
月の第一、第三、第四火曜日に歌の会があることです。
エレキギターの団長S様、ハーモニカの方が四人、
司会の方がお一人、お年寄の方は石原裕次郎の曲を歌われて青春時代をなつかしまれます。
もうお一人、S様と同じくらい歌のお上手な方がいらしてくださいます。
二時から三時まで皆さん大きな声で歌われて楽しませていただいています。
暑い中、寒い中、一度もこの楽団の方がお休みされたことはありません。
それでもご奉仕でいらしていただくので感謝です。
このようなすばらしい所をもっと多くの方々に知っていただきたいです。

ここにいられて幸せです。




ご入居者様のA様、
ご丁寧なお手紙をいただきましてありがとうございました。
今後も、いづみヒルズスタッフ一同は
サービスの質の向上を目指して
より一層精進してまいります。ご期待ください。

住宅型有料老人ホーム 八王子「いづみヒルズ」スタッフ



お問い合せ